Main Menu

Contact

疲労部門委員会 庶務幹事

E-mail:


Links

TOPICS

  Last Update 2019/9/4

 第341回 疲労部門委員会開催  

開催日 令和元年10月16日(木)13:00〜17:00

会 場 京都テルサ 東館2階 ROOM 6 第9会議室

      〒601-8047

       京都市南区東九条下殿田町70番

 疲労に関する表面改質分科会 第10回分科会開催のお知らせ
 

開催日 令和元年9月19日 (金) 13:30〜16:30

会 場 豊田工業大学  南棟6階6D講義室

〒468-8511 愛知県名古屋市天白区久方2-12-1

 第340回 疲労部門委員会開催【定員25名】   

開催日 令和元年7月18日(木)13:00〜17:10

会 場  日立製作所 メカニカルイノベーションセンタ

      〒312-0034

       茨城県ひたちなか市堀口 832-2

 疲労に関する表面改質分科会 第9回分科会開催のお知らせ
 

開催日 令和元年6月21日 (金) 13:30〜17:20

会 場 東北大学 青葉山東キャンパス  
     総合研究棟 (C10) 講義室1(101号室)

〒980-8579 仙台市青葉区荒巻字青葉6-6

 第339回 疲労部門委員会開催   

開催日 令和元年5月24日(金)13:00〜17:10

会 場  室蘭工業大学

      教育・研究10号館(S棟)S301

     〒050-8585 室蘭市水元町27-1

 第338回 疲労部門委員会開催   

開催日 平成31年2月27日(水)13:30〜16:30

会 場  潟Lグチテクニクス

     〒692-0057 安来市恵乃島町114-15

 第337回 疲労部門委員会開催   

開催日 平成31年1月22日(火)13:30〜17:00

会 場  日軽新潟株式会社

     〒950-3101 新潟市北区太郎代1572-19

 疲労に関する表面改質分科会 第8回分科会開催のお知らせ
 

開催日 平成31年1月21日 (月)

会 場 電気通信大学 東地区  
     東4号館8階815 室

〒182-8585 東京都調布市調布ヶ丘1-5-1

 第34回疲労シンポジウム 

講演論文集ダウンロードページ
※シンポジウム参加予定の方で,ダウンロード方法がお分かりにならない方は,メールにて庶務幹事(左記Contact参照)までご連絡ください.  

開催日 平成30年10月16日(火),17日(水)

会 場  京都テルサ ROOM 8
〒601-8047 京都市南区東九条下殿田町70番

 接合材の疲労強度に関する研究分科会 第4回分科会開催のお知らせ
 

開催日 平成30年7月26日 (木) 13:00〜17:00

会 場 トルンプ株式会社
地下一階セミナー会議室

〒226-0006 横浜市緑区白山 1-18-2
ジャーマンインダストリーパーク内

 疲労に関する表面改質分科会 第7回分科会開催のお知らせ
 

開催日 平成30年8月1日 (水) 13:30〜17:00

会 場 静岡大学 浜松キャンパス 
総合研究棟 10階1005室

〒432-8561 静岡県浜松市中区城北3-5-1

 第336回 疲労部門委員会開催   

開催日 平成30年6月7日(木)13:30〜17:20

会 場  竹中工務店 竹中技術研究所

     〒270-1395 千葉県印西市大塚1丁目5-1

 第335回 疲労部門委員会開催   

開催日 平成30年5月25日(金)13時〜16時50分

会 場  高知工科大学永国寺キャンパス
       A104講義室(高知県高知市)

     〒780-8515 高知県高知市永国寺町2-22

 疲労に関する表面改質分科会のサイトをオープンしました 
 WEB版疲労データベースシステム試用版の運用開始のご案内  
 
疲労部門委員会の仮登録制度について  
平成25年5月より疲労部門委員会では部門委員会仮登録制度を導入しており,日本材料学会会員の方は1年間無料で仮登録することができ,部門委員会にもご参加頂くことができます.
 

 

 

 

日本材料学会 疲労部門委員会

本委員会は,疲労事故の防止と疲労問題の解決に向けて,大学・研究所のみならず,設計の現場において疲労の問題に携わっている幅広い関係諸氏が多数参加され,活発な活動を行っている.活動内容としては,既存の材料のみに止まらず新素材も含めて,それらの疲労現象の本質や疲労破壊の機構に関する基礎的研究から,現場における疲労設計技術の開発に関する応用的研究に至るまで,幅広い疲労問題を取り上げて,社会的ニーズにも応じてきている.

>>疲労部門委員会の紹介

 

Copyright(C)2007 日本材料学会 疲労部門委員会. All rights reserved.